FC2ブログ

今日は梅雨っぽい天気とチケット予約苦戦状況

日中、寝室の机に向かっていたが、どうもいつもより暗い・・・。

リビングに行ってみたら、外が全体的に白くもやっている感じ。

おっ、これは雨ですね(o^-')b
そろそろ雨期の始まりですかね。

030_2015052720545001f.jpg

下の方を見てみると、道路は濡れているが、雨はそれ程強くはなさそう。

今日も今日とて、小雨の中、銀行に通帳記帳に行ってきました(´д`、)

いえね、昨日最後まで完了できなかった予約手続きでまた引き落とされていたら嫌だなと思って確認したんです。
引き落としはなかったです。ホッ
デビットカード、私が良く知らないせいもあるけど、低い金額の利用上限額があるようで、使いにくいヽ(‘Д´)ノ



ただ今、一生懸命PALで日本への航空券をオンライン予約しようとしているのですが、なかなか出来ない・・・(-""-;)
ここ数日、いや先週末からトライしているのですけどぉ~(´д`、)

「サーバーが受け付けません、時間をおいてお試しください」みたいなメッセージが何度も何度も何度も何度も・・・。

そのうち、現れるメッセージが「売り切れたか、その直行便がありません」みたいなメッセージに変わる・・・(-""-;)

他の座席にしたりなど条件を変えても、「サーバーが受け付けません、時間をおいてお試しください」みたいなメッセージが何度も何度も何度も何度も・・・。

これでも昨日よりはマシなんだけど・・・(笑)

でも、私一人分だけPALのチケットが取れても、ねぇ・・・。
もう一枚、夫の分が・・・(T^T)

私はほとほと疲れたわ・・・。



ご訪問ありがとうございますo(^∀^)o

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


フレンドシップツアーに聞いてみたら、チケット予約の手数料は1枚につきエコノミーは30$、ビジネスは50$とのこと。
それなら、自分で何とかしたいと思ったの(^ ^)
PALは運行の時間帯がちょうど良いのよね~。
そこに引っかかってしまったか(☉ω☉; )
やはりANAかJALで円のクレジットカード決済にすれば良かったのかーーー。
それとも、最初に夫名義で予約しておいて、私は日本に行かずにバナウェ一人旅にでも行った方が良かったのか(笑)
スポンサーサイト



性懲りもなくまた本を読んでみた

なかなか取れない目の疲れに、ひどい首肩こり、頭痛に見舞われたにもかかわらず、性懲りもなくまた本を読んでしまった(^_^;)

面白いですね~、本は(笑)

今回は、『誰も書かなかったフィリピン』 野々宮正樹 ㈱サンケイ出版 昭和58年7月 (1983年)です。
古いですが、この頃既に「日本で言う丸の内」という紹介でマカティが登場するんですね!

今回、一番印象に残った箇所をまたまた・・・。

なぜかまた、前回の記事同様、本の著者自身による文章ではなくて、著者が引用した他の方の文章です。



「フィリピンを発展させるには、鎖国をするのが一番だと思いますね。
(中略)
なにせこの国は、古代社会から近代社会にいちどきにジャンプしてしまったのです。
だから、日本のように封建社会がなかった。
それで、国民が公僕精神に欠けているわけですよ。
そこを要領のいい外国人につけこまれて、いとも簡単に騙されてしまう。
もっとも、この国際化時代に、鎖国だなんて夢物語でしょうがね」

 ある日本人の知人がこう言ったことがある。
私は彼の”極論”を、ズバリ的を得た名言だといまでも感心している。



他に、フィリピン人って良い人だな♪という場面など(「・・・空港やホテルの周りにいる連中が、本当のフィリピン人だと思わないでください。」と真顔で話す。)も出てきたりするのですが、今回はこの「公僕精神に欠ける」の下りが一番印象深かったです。



ここで、ふと、古代社会、封建社会、近代社会について気になりまして、ほんのちょっとだけ調べてみました(^ ^)
(Yahoo知恵袋より一部抜粋)



封建制社会とは古代の奴隷制社会と近代の民主主義社会の中間にある社会です。

マックス・ウェーバーによれば,世界で封建主義を経験したのはヨーロッパと日本だけでした。
他の地域は古代か原始社会でした。
アメリカだけは建国時から民主主義でした。

古代社会が親子関係的な縦社会だったのに対し,封建社会は兄弟関係的な斜め社会でした。
古代においては,親分が黒だと言ったら白でも黒になります。
それが今でも残っているのが職人の社会と,相撲界,ヤクザの社会です。

しかし,封建社会では,主,主たりて臣,臣なり,主,主ならざれば,臣,臣ならず,と言って,臣が主に対する見切り権を持ちます。
それゆえ主は臣に対して,より人間的な尊敬ある交際をしないと,破滅せざるを得なかったのです。



本の中で紹介されているフィリピン社会に溶け込んでいる日本人の方は、家族のようにフィリピン人とつきあっていると書かれていました。

私や多くの方は、自分の「上司は部下に対して,より人間的な尊敬ある」事をもちろん望むと思うのです。
(ブラック企業はこの逆ですね。)

この本は1983年出版で2015年の今から32年も前のものであるが(実際の取材活動はさらにそれ以前であろう)、中産階級の出現や腐敗などの記述もあり、ほとんどそのまま現在のフィリピンと重なっているように思える・・・。
(変わっていないような・・・(^_^;))

ということは、外国からやってきた上司が「部下に対して,より人間的な尊敬ある」態度をとっていても、彼らにとってはそれだけでは不十分である事も健在なのだろうかと思ってしまった・・・。



 見に来てくれてありがとうございます(〃∇〃) 

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


でもね、「フィリピン人は、こちらが理解してやれば、よく働く」を実践できて、「日本より生産性がいいんじゃないかな。」と言うほどになったという話も載っていまして(前述の「フィリピン社会に溶け込んでいる日本人の方」)。
旅行に行く度に、旅先で働くフィリピン人を見ては、なんて働き者なんだろう!と思うのですが、それはそうだよね、だって場面変われば、家族のために自分は極限に節約して働ける方がいるわけで・・・。

西日が当たると頭が痛くなる その2

西日が当たると頭が痛くなるのででは、ん~、と思いながら、電磁波のせい?な感じで適当に締めくくってしまいましたが、その後あれじゃいかんと気になっていました。

電磁波はあまりに範囲が広いから、一口にこれが悪者だ!とは言えませんので・・・(^_^;)

色々考えて、で、過去の体験を探りますと、う~ん、あれは夏の日じゃったのぅ・・・。



机に向かって勉強、手元は明るく、そう、デスクライトの蛍光灯をつけておりました。

多少姿勢は前傾しますから、より頭は蛍光灯に接近します。

・・・頭が痛くなっちゃったんですよね(^_^;)

でも、大人の勉強は(子供もそうか)、だからと言って休めない(泣)

どうも、蛍光灯の熱を頭に受けてしまって、それが影響しているらしい。

なんとか勉強を続けるために、小さな保冷剤を頭に乗せて、勉強続行・・・。
(そんなことしてるから、首肩腰を痛めるんだよ・・・。)

そうすると、あら不思議、頭痛がしないではありませんか(☉ω☉; )

この時、これくらいの熱を受けただけで、こんなに頭痛がするんだと驚きました。

冬には頭が痛くなりませんからね~。




それを考えれば、西日が当たり、単に空気が暖まっているだけでなく、建物自体も蓄熱して赤外線(電磁波の一つ)を発して直に身体に熱をもたらし・・・となれば、頭が痛くなるってもんです!
と思う。

それだけ、脳はデリケートだから、気をつけてあげないといけないのだなと思えば、うん、納得です(^ ^)



 見に来てくれてありがとうございます(〃∇〃)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


先日、エアコンつけずに頭に保冷剤を乗せて暑さをやり過ごしておりました。
保冷剤をハンカチに包み、落ちないようにターバンで固定。
夫、帰宅。
夫、何も言及せず・・・。
しばらくのちに、夫に「どう?」聞いてみると・・・夫いわく
「パーマをして頭を蒸しているのかと思った」と。
可笑しいと思いながら聞きもしない事にも驚いたけど、その答えにはさらに驚いたよ(爆)
よろしかったらポチっとな
プロフィール

PopoPunch

Author:PopoPunch
自然と平和を愛する妻のポポです(´ω`)
現在、優しい夫に見守られながら、体力増強中♪
2017年に本帰国しました。

ようこそ
だれかいる?
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
MyCollection(^ ^)Amazon商品新着順
美術メルマガ
↓現代アートに興味のある方はポチっとどうぞ(^ ^)
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
171位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村ランキング
アクセス解析
リンク
猫さんや美しい風景、HAPPY等々がお好きな方、是非にゃんたろうズのリンクをどうぞ!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
楽天トラベル
RSSリンクの表示
QRコード
QR