本っていいね

読書が好きであったが、最近はとんと御無沙汰で・・・。

首と肩の凝りがひどいもんだから、机に向かう、さらにちょっと下を向くという姿勢が大変つらいのだ(泣)

しかし、フィリピンに来てから初めて日本語の本を借りた。
フィリピンに関する本である。

その本の中でとても胸に深く残った箇所を・・・。



『教育が単に「前進」を求めるだけでなく子どもたちに「他に与える心」を育てる場になる事である。

同時に教育というものが「強者だけが生き残る」ためのものではなく、(皆が共に、筆者)「生き残るためにどうしたらいいか」ということを基礎にしたものになることが望まれる・・・。』

こちらは、今回私が借りた本『フィリピンに暮らす』増田テルヨ 文芸社 2006年 内で引用された、『ストリートチルドレンー都市化が生んだ小さな犠牲者たち』国際人道問題独立委員会報告 日本ユニセフ協会訳 緒方貞子監修 草土文化 1988年 の文章とのこと。



あぁ~、ごく普通に、「強者だけが生き残る」ためのもの、になっちゃっていますよね~、色々と(-""-;)



性悪質の文化に接すると(日本にもあるけどね)、特に「騙される方が馬鹿だ」や「騙して得するやつは賢い」なんて理屈に出会うと、私はついつい思い出してしまう寓話がある。
(星新一さんのショートショートだったかな?と思いきや、良い話だけど出典があいまいなものの代表だそうです。
色んな宗教のパターンもあるようです。)



 ある日,地獄へ行ってみると,たくさんの亡者が丸いテーブルを囲んで座っています。テーブルの上にはたくさんのごちそうが並べられているのに,亡者たちはそれを食べることができず,飢えに苦しんでいました。よく見ると,亡者たちの片腕が椅子に縛り付けられ,もう一方の腕にはものすごく柄の長いスプーンがくくりつけられています。亡者たちは,懸命にテーブルの上の食べ物をスプーンですくって食べようとするのですが,柄が長すぎて口にもってくることができません。ということは,地獄には食べ物がないわけではない。食べ物があっても食べられないから,そこが地獄なのです。

ところが,あるとき天国へ行ってみると,人々はごちそうのならんだ丸いテーブルを囲み,互いににこにこ笑いながら話し合っています。飢えなどまったく関係ありません。見ると,地獄と同じようにみんな片腕が椅子に縛りつけられ,もう一方の腕に柄の長いスプーンがくくりつけられています。なのに,どうしてこんなに地獄と違うのでしょうか。

見ていると,天国の人たちは,スプーンですくった食べ物を自分の口に入れようとはしていません。テーブルの向かい側の人の口に入れてあげているのです。向かい側の人たちは,こちら側の人の口に入れてくれています。 そう、天国の人たちはお互いに助け合いながら生活しているのです。



金を出すやつが口を出すなら分かるが、そうじゃない理不尽な目にあってしまったにゃんたろうズ・・・。

夫の「良い勉強になったよ・・・」の言葉を聞いて、夫に対しては私はもう何も言うつもりはないよ(^ ^)

で、今回、私はひっそりと憤慨していたし、フィリピン人と日本人のそんなとある面に対して非常に失望したのだが、これがなかなかのショック療法になったようで、「他文化を理解する」という事を腹の奥でずしんと理解できたような気がした。


いや、ニュートラル、という方が近いかもしれない。


「郷に入っては郷に従え」の言葉は非常によく使われる。
しかし、今回この言葉に対して、私は今までとは違う理解が出来たように思う。

「・・・従え」とあるように、単にその地での決まりを優先する、という事を気にしがちだが、これは日本国内においてできた言葉であって、異国の文化を理解する場合とは別物なのだな、と。

決まりや習慣を知った上で、ついつい「その国の人に行動を変えてもらう」ことに気持ちが行きがちになる。
それ自体が、そもそもその国を理解するという「自分の問題」から離れて行ってしまっている事を再認識したのだ。



今日もSMのゴトブソグのお店に行って、荷物をいっぱい持っていた私を料理を運べるかと店員さんが心配してくれて、で、私は食事中でも隣の空席に座る人のために立ってさらに通れるように椅子も動かして・・・、淡々と日常をこなして、ありがとうを言ったり、言われなかったりしながら、皆淡々と(にぎやかに?)雑務をこなし、生きのびているのを感じていた。



前から思っていた事ではあるけれど、「善悪の判断」って厄介なものだ。
特に「正義」なんて武器は危険極まりない(笑)

人間の主観(個人の尺度)は手ごわいのである・・・。



ご訪問ありがとうございますo(^∀^)o

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


今まで我慢してきた事があったけど、今回こんな理不尽な目に合わせられるのだから、もう我慢なんてしないで言ってやる!(その前に情報収集しなきゃならんが)
(通るかどうかは別問題だけど)それが通ったら、彼の考えとは真逆の事が起こるぞ(*´艸`*)ウッシッシ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

長いお箸で

お互い食べさせ合う・という話は、子供のころ
高野山(うちは真言宗高野山派でして)へ参拝に行った
父だったか叔父だったかが、買って来てくれた漫画本にありました。
弘法大師の生涯や、地獄極楽のお話を描いた漫画でしたね。
(今でも売ってるのかな)

死んで極楽に行った人が天人からいろいろ教わる中に、
長い箸でお互いに食べさせ合うというのがありまして。
子供心に
 「長過ぎるんなら切って短くすりゃいいのに。極楽って不便だな」
なんて思いましたよ!e-441

そうそう、読書後の頭痛は、まず首と肩、後頭部を温めることです。
マッサージはそれからね。

Re: 長いお箸で

> moegiさん
コメントありがとうございます~!

私も記憶では長いお箸だったんですよ!
調べてみたら、色んな宗教でこのお話が使われているようです。

私は、(特にスプーンならば)先っちょの方を持てば食べられるんじゃないかと思っちゃいました(^_^;)

今日のマッサージは珍しくイマイチでした(´д`、)
それでも多少元気になって、ドラッグストアに薬を買いに行きましたよ。

午前中は恐ろしいくらいの暑さだったのに、午後は厚い雲が日差しを遮ったせいで、意外と涼しくなっていました。
しかし、室内は暖まった建物の熱気がある為・・・暑いです(-""-;)
最近暑くなってきたため、以前ほどシャワーの温度をあちちにしなくなったので、尚更コリや目の疲れが取れていないのでしょうね。
今夜はじっくり温めます!
よろしかったらポチっとな
プロフィール

PopoPunch

Author:PopoPunch
自然と平和を愛する妻のポポです(´ω`)
現在、優しい夫に見守られながら、体力増強中♪

ようこそ
だれかいる?
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
MyCollection(^ ^)Amazon商品新着順
美術メルマガ
↓現代アートに興味のある方はポチっとどうぞ(^ ^)
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
651位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
252位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村ランキング
アクセス解析
リンク
猫さんや美しい風景、HAPPY等々がお好きな方、是非にゃんたろうズのリンクをどうぞ!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
楽天トラベル
RSSリンクの表示
QRコード
QR