Puerto Galeraへ日帰り旅行(1)高速バスでフェリー乗り場へ

※2016年5月の出来事です。

行けない距離ではないところに気になる場所がある。
日帰りでもトンボ帰りなら十分行けそうなところに島がある。

そりゃ、行きたいじゃないか!
本帰国前に是非とも行っておきたいじゃないか!!

というわけで、平日に一人でプエルトガレラに行って来ました(⌒∇⌒)
(夫と一緒に行こうとすると、彼の自由時間がないために実現しないのですよ(´;ω;`))


朝5:16。
素敵な空の色。
20160530 021
一人の時は、あんまり早く暗いうちに出るとそれはそれで治安が心配なので、明るくなってから出かけます。


6時前にリベルタッド駅行きのジプニーに乗り、最終駅で降ります。
朝の良いところは道路が空いている事♪

しかし、朝の6時では出発は遅いですね。
もう暑いもの!!

それでも空いている時間帯、初めての光景を見ました。
紙やペットボトルの入った大きなごみ袋を持った女性が無賃でジプニーに乗せてもらっていました。
「中には入らないからいいでしょ」って感じで交渉したのでしょうね、空いているのに中には入らずに車の外につかまって乗っていて、またすぐ降りていきました。


リベルタッド駅行きですが、実際にはリベルタッド駅の結構手前で降りなければならないので、てくてく歩きます。
20160530 025
ちょっと歩道が狭くて歩きにくいのよね。


実は、乗ろうとしているバスはJAMで、その乗り場がヒルプヤット駅近くなのです。
電車で一駅北側のところに電車で行くか、よく分からないけれどエイヤッとジプニーに乗るか、はたまた歩くか・・・。


前回は、カルティマールマーケットのそばを歩くのはちょっとと思い電車に乗りましたが、電車賃とジプニーの料金を比べると・・・、ジプニー安いわ~♪

ということで、歩いちゃったよ( ゚Д゚)



タフトアベニューとの交差点を曲がると、かな?、角の近くに、お花屋さんがたくさんあるのを見つけました。
前にすぐに電車に乗った時は気がつかなかったよ。


進行方向手、高架の向こうはカルティマールです。
20160530 026
離れていると分かりにくいかな?


ズームで。
20160530 027
私はあのたくさんの旗の意味が知りたくってね~。
実はないのかもしれないけれど(;^ω^)


JAMのバス乗り場につきました。
コンドを出発してから20~30分ほどでしょうか。
う~ん、歩く距離はそんなにすごくはなくっても、日本の道より疲れますね。
暑さのせいというのが一番大きいでしょうが(笑)


で、バタンガス港(プエルトガレラ)行きのバスに乗り込みました。
次に出発するバスは、駐車場から出てきて路駐状態になっているので分かりやすいです。

せっかく頑張って早起きしても(予定より遅かったのですが(;^ω^))、フィリピンではジプニーやバスの発車は乗客で満員になるかどうかにかかっているので・・・
結果、バスの中で出発を結構待ちました(ノД`)・゜・。

コンド出発5:55、バス出発6:55・・・。
40分ほど待ったような・・・(;´Д`A ```


さて、終点までのお値段は、
20160530 029
行きは片道167ペソ。
400円ほどでしょうか(;^ω^)
本当に交通費が安いですよね。


バスの内部。
20160530 030
赤いカーテンでした♪


高速道路に入ってしばらくした後、8:15に停車。
トイレ休憩のようです。
20160530 032
外にはトイレ以外に小屋があって、食べ物などの売り子さんが待機しているようでした。
上の写真の箱の中はブコパイかな~♪
バスの中にまでワイワイ入ってくるような売り方はなかったので、買わずに通過。

5分経過後の8:20に出発です。

8:50に高速を降りました。
その5分後には、以前アニラオに行くときに降り立ったことのあるパブリックターミナルにつきます。
この時は、隣にISUZUの建物が建設中でした。

8:58にパブリックターミナルを出発。


そしてちょっとしたらもうバタンガス港。
9:04撮影。
20160530 033
はーい、皆降ります。

バスで隣になった女性とちょっとだけ話をしました。
彼女に、プエルトガレラに行くんだというと、一人で怖くないの?と聞かれました(笑)
それから、プエルトガレラ(フェリーが到着する港)の水は汚いから泳いちゃだめよ、泳ぐならほかのビーチでね、とも言われました。


乗ってきたバスはこちらです。
20160530 034
私は自分の荷物は最小限にして、いつも離さず持っているようにしているので、スーツケースの人よりも身軽だな~。

バスが出発してからは3時間10分くらいでしょうか。


さてさて、この後が問題です!

ネット検索による事前調査では、フェリーのチケット売り場まで案内すると言ってぼったくるやからがいるそうです。
ここが初めての人でも売り場、乗り場はわかるので、うるさく付きまとわれても相手にしないように、とのアドバイスがありました。

実際どうだったかと言いますと・・・
いましたよ、一人うるさく付きまとう小さなおじさんが!!!



 ↓ポチっと励みになっております♪

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


私は最初は断って無視していたのですが、めげずにずーっと話しかけてついてくるんですよ!
で、分かっていたからこそ好奇心が出まして、お願いしちゃったのよね~(;´Д`A ```
次回、内容を記事にしますが、結論としては頼まず自分でした方がずっと良かったです。
その理由も、次回!

パンケーキとボニのシャングリラ

ジャジャーン!!
どうだっっ!!、てな感じのするパンケーキでございます。
20160530 002
2016年5月に友人に誘われていってきたのはボニのハイストリート沿いのお店♡

写真で見たら、「美味しそう~!すぐにペロリよ!」と思うのですが、
実際は最後の方はお腹がいっぱいになっちゃうほどボリュームたっぷりでした(o^―^o)ニコ


飲み物はこちら。
20160530 001
ステキなカフェタイムでした♪


店内の様子。
20160530 004
昼間時間です。


お店の外観。
20160530 005
名前が分からないかな??


2年前は、外に出たらピサの斜塔がありました(笑)
20160530 006
こちらから見ると傾いていないように見えますが・・・


ほらね(笑)
20160530 009
今はもうないのかな?
色々面白いことをやってくれますからね♪


この後向かったのは、当時はまだ建設中だったんじゃないかな(なので最初は入り方が分からなかったよ)、新しいシャングリラホテル(完成しているフロアではレストランが営業開始)。
誘ってくれた友人が近々ここに来る用事があるから寄ってみたい、とのことで。
20160530 019
広いロビーの上には・・・


大きな大きなシャンデリア!
20160530 016
思わず写真をとっちゃったよ💦


少し中に入ったロビーにも目を引くシャンデリアが!
20160530 013
ムム、これはどうなっているのだ!?


よく見ると、小さな部品が吊り下げられて、綺麗に全体の形を作っているのね。
20160530 014
細かいなー!


さらに目を引いたのが、この長~いカーテン!!
20160530 015
ホテルだったら当たり前かもしれないけれど、やはりついつい個人住居用のものを考えてみると、このサイズと品質ってあり得ないな・・・と(;'∀')

というよりも、さすが新しい建築だとここまで天井が高くなるのですね!!


ホテルから一歩出ると、まさに建設中の建物がこんなに!!
20160530 020
もうこの時から2年経っていますから、いやいやいや、現在は物凄く建物が増えているのでしょうね~Σ(・ω・ノ)ノ!

緑の空き地、まだ残っているのかな~?



 ご訪問ありがとうございますo(^∀^)o

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


マカティから、またロックウェルからのアクセスはますます渋滞がひどくなって大変になっているのではないでしょうか?
それとも、何か新しい良い方法が出来たのかな??

次回からは、ようやくですが、遠出の記事を始めたいと思います!
Pasig川のではなくて、海を渡る初のフェリー体験です。
という事は・・・場所がわかるかしら?( ´艸`)

5月の花とランチ

時間が経つと、過去の資料(記憶)がアレレ?になりがちなもので、記事作成に時間がかかって・・・ご無沙汰しております。
まぁ、2年前の内容なので、今更な気がするのですけどね(;^_^A


こちら、グリーンベルトにお住まいの方はどこだかわかると思います( ´艸`)
20160524 017
黄色い花をつけた大きな木!


ズームアップで!
20160524 020
高いところからだから、よく見えます♪


さて、こちらはどこでしょう?
20160524 022
ちょうどこの写真を撮った2016年5月は、木々がバッサリ枝を剪定された後で、空がたくさん見えます。


火炎樹は背が高くって、花を近くで見るのが難しい💦
20160524 023
空が背景になって、逆光になりやすいし。


何とか撮ったアップ!
20160524 034
鮮やかです!


5月下旬だったので、下の芝生に、オレンジ色の花びらがたくさん!
20160524 028
綺麗です。
実際には日差しがきつくって辛かったけど(笑)

ここはワシントン公園です。


落ちた花を探すと、
20160524 038
あった、あった!


おっ、こちらは花丸ごとの姿ですね(゚∀゚)
20160524 039
花びらは4枚なのかな?


さて、こちらもどこだかわかるかな?
20160524 046
グリーンベルトモールの1の横の道です。


黄色い細かい花びらがたくさん落ちています。
20160524 047
冒頭の写真、ランドマーク近くの黄色い花と同じ木かしら?
地上からは花が見えません💦


芝生の上にも黄色い点々がたくさん♪
20160524 045
今はマカティではちょうど花が咲いているでしょうか?


さて、グリーンベルト3の2階のお店で。
20160524 051
ラーメン屋さん凪の近くですが、今でもあるかな?


アイスティーはもちろん最初から甘いです(笑)
20160524 052
でも、外を歩き回って熱くなった体には、冷たい甘い飲み物がよく効くのは体験済みです。


この日は火曜日。
20160524 053
メニューの黒板は左のスモークベーコンのスパゲッティです。
量は少な目で、女性向でした(o^―^o)ニコ
う~ん、私はもうちょっと食べたかったなぁ・・・。


 ↓ポチっと励みになっております♪

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

そろそろ、セブ、ボホール旅行について、宿泊先に相談事があるので連絡してみようかな。
気になることは2つ。
1つは、セブ島からボホールへフェリーで移動すること。
初めてなのよね。
国内旅行だと、マニラからボホールに直行できるから。
もう1つは、セブ島の宿泊先が初めての場所だという事。
何とかなるとは思うけど、予約時のサイトで投げかけた質問に返事がないのよね。
今回は家族旅行で高齢者がいるから、事前にメールで送迎について確認したいのだけどな~。

夕暮れ時のコンドミニアムのプール

これは2016年6月5日の事。
本帰国前に、記念にとプールの写真を撮りました。

午後6時半頃でしょうか。
20160605-P6050001.jpg
ライトがともって美しい夕暮れの風景です。


プールは・・・
20160605-P6050002.jpg
木々の奥に。


奥へと進み、
20160605-P6050003.jpg
プールの方へ。
こちらは大人用のプールです。


建物の間から南西の方の空を見ると、
20160605-P6050004.jpg
太陽の沈んだあとがまだ明るいです。


プールの青とライトと夕焼けとで美しい!
20160605-P6050010.jpg
こちらは子供用ね。


このヤシの葉のシルエットが、もう南国♪
20160605-P6050012.jpg
この頃の風が寒くもなく暑くもなく、本当に心地よかったな~。


ひるがえって北の方の空を見ると、こちらも美しい!
20160605-P6050005.jpg
沢山の青のバリエーション!
プールもビルも、雲も空もみんな青!!


フィリピンでは本当に雲の表情が豊かで、
20160605-P6050007.jpg
見飽きることがなかったです。
それが、日本の日常でちょっと物足りなく思う事かな~(;_;)



 え~ささやか過ぎる日常の1コマでした(^ ^)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


水泳の得意でない私はプールを好まず、コンドの共用のプールにほとんど入ることがなかったのです。
しかし、これはもったいない!と、本帰国を前に入ったのでした(笑)
はい、1回だけでしたね。
あ~、もったいない(笑)
それにしても、景色の色彩が美しいわ~・・・。

Chinese Painting Workshop~お稽古事に挑戦してみました

本帰国を控えて、もっと自由に自分の興味のある活動に参加してみたいと思い(日にちがぶつかってしまった活動はちょいとお休みして)、YUCHENGCO美術館で催されているチャイニーズペインティング教室に行くことにしました!
こちらを知ったのは、MVPの活動からです♪

当初知らされていた開始時間が変更されて早まっていたにもかかわらず、参加申し込みをしていた私にその知らせが来ておらず、当然ながら初日は遅刻となってしまった私・・・(;^ω^)
しかし、フィリピンではノープロブレムでした(笑)



チャイニーズペインティングとは水墨画のカラー版という感じでしょうか。

まずは先生の描いたお手本を見せてもらいます。
20160509 095
初日はダリアの花です。


先生がタブレットで色んなダリアの写真も見せてくれます。
ダリアピンクafb36a1471a2996cfd79cc682ac12b1b
ダリアの花を画像であらためて見てみると、ボリュームがあって美しい花なんですよ!!
ダリアは中心側の花弁が筒状になっているのが特徴なのです。


そして、実際に先生がこのお手本と同じ構図の絵を、目の前で新たに描きながら説明をしてくれます。
20160509 096
花の色は変えたりしてね。


説明を補足する各部分の描き方のお手本。
20160509 097
この時は私は分からなかったのですが、こうしたお手本と全く同じ構図で描いて仕上げていくのが定石のようです。


先生の机の上の道具たち。
20160509 100
チャイニーズペーパー(和紙っぽい紙)、絵の具、筆、等々はここで買うことが出来ました。
良い筆はそれなりに高いです。

筆は書道の日本の筆が秀逸だそうです。
売られている絵の具にない色が必要な時は、SAKURAのポスターカラーが良いとのこと!
何かと日本製品がやはりクオリティーが高く、重宝されていることがここでもよく分かりました(⌒∇⌒)


教室では先生が描きながら説明してくれることをよく聞いて(またはスマホなどで撮影して)、持ち帰ったお手本のコピーをもとに自宅で自分で描き、次回の教室にその作品を持参して先生とみんなに見てもらう、という流れでした。


2回目の教室では、前回の宿題の各自の作品を見た後(先生の手直しあり)、同じ花で違う構図プラス小動物が入ります。
20160517 032
小鳥が新登場です!


この日の先生の実演。
20160517 035
この鮮やかな朱色の花びらだけで、美しい~(●^o^●)


これだけで、もう作品として飾りたいくらいにきれいです!
20160517 037
でもね、ダリアは薄めた墨汁で花びらに筋を書き足すのですよ。


お手本と同じ構図でちょっと色を変えて先生が目の前で書いてくれた絵です。
20160517 042
下書きなしにフリーハンドで色を乗せていくので、やはり年季が必要ですね。


3回目は水仙(小さめの花で日本水仙っぽいですね)です。
20160530 330
この時分かったのが、フィリピンではこの花を見たことがある人が少ないという事Σ(・□・;)
なので、水仙を見た事のないフィリピン人が描くと、同じお手本を見ていても違う花になってしまって・・・( ´艸`)


4回目は新たにトンボが登場です。
20160530 337
どうもね、川の水辺に水仙は咲いている設定らしいのですよ。
そこだけちょっと不思議・・・。


この日はほかの構図も描いてくれました。
20160530 344
水耕栽培の水仙といったところでしょうか。


5回目はつつじです。
20160605 068
白い部分は少しのホワイトのポスターカラーと紙の余白、この濃淡が美しい~。
ただ、この日は私は既に予定が入っていて参加できなかったのかな・・・。


6回目、つつじの色が増えてミツバチも登場です。
20160615 018
こちらはお手本。


そしてお手本と同じ構図でその日先生が描いてくれたのがこちら。
20160615 024
自宅で自分が描くときは、同じ構図だけど色は自分で選べます。


この各パーツのお手本がまた美しいのですよ!
20160605 058
可憐だな~(o^―^o)


ガクの緑色が本物っぽい。
20160605 059
花びらに関しては、描くというよりも、筆に何色かの色を染み込ませてスタンプのように紙に色を乗せるようにするのです。
まだ水分が乾かないうちに、濃い目の色を乗せてちょっとにじませると良い感じ♪


このWorkshopは全部で10回、1回あたりの時間は3時間(午後)、料金は6,500ペソでした。
私は初日に先生に「日本に帰ってしまうので6回しか参加できないから6回分の授業料の支払いで良いですか?」と相談したら、OKしてくれて良かったです(^▽^)

でもやはり本帰国前は忙しくて、行けたのは5回だけだったな~。


 こんな情報でも何かお役に立てたら嬉しいです(●ノω`) 

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

こうしてほぼフィリピン人だけの活動に参加してみると、食品事情以外にも「あ~、ここは外国なんだな」と感じることがありました。
フィリピンは南国なので、乳牛やリンゴが育たないからそれらの食品はすべて輸入品になる、すると濁ったタイプの100%リンゴジュースがないから、フィリピン人が飛行機の中や日本に来てこれを飲むとものすごく感激してくれるんですよね!(日本人からしたら、来比当初はなんで牛乳がお店にないのかな、なんてひどくとまどったりしますが(;^_^A)
この教室に通ってみて、いかに日本には世界中の食品も物も花も集まっているかがよく分かった気がしました。
日本では暑い国の花も冷涼な地域の花もありとあらゆる植物を見ることが出来ますものね。
あ、でも動物園だけは、ちょっと日本のは可哀そうかも・・・。

#Yochengco Museum #Chinese Painting #花を描く 
よろしかったらポチっとな
プロフィール

PopoPunch

Author:PopoPunch
自然と平和を愛する妻のポポです(´ω`)
現在、優しい夫に見守られながら、体力増強中♪
2017年に本帰国しました。

ようこそ
だれかいる?
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
MyCollection(^ ^)Amazon商品新着順
美術メルマガ
↓現代アートに興味のある方はポチっとどうぞ(^ ^)
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
489位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
192位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村ランキング
アクセス解析
リンク
猫さんや美しい風景、HAPPY等々がお好きな方、是非にゃんたろうズのリンクをどうぞ!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
楽天トラベル
RSSリンクの表示
QRコード
QR